最新のお知らせ-東京ダンスセラピープロジェクト

ダンスセラピーに関するアンケートのお願い

ダンスセラピストの梶明子さん、川岸啓子さんから研究協力の依頼がありました。
ダンスセラピーに関するアンケートです。
以下、お二人からのメッセージです。

日本におけるダンスセラピーの現状についての研究
アンケートのお願い

日本にダンスセラピーが紹介されて20年以上が経ちました。その間、日本ダンスセラピー協会や海外の大学院で研修を受けたダンスセラピストや、独自にダンスと心理学を学んだセラピストが活躍の機会を拡げ、いくつかの研究もなされてきました。
しかし、現時点で、日本では、何がダンスセラピーであるかという定義が曖昧で、実際にどのようなセラピストがどのような活動を「ダンスセラピー」という名のもとに行っているかという研究はなされていません。
このアンケートにお答えいただくことで、日本において、実際にどのようなダンスセラピーがどのようなセラピストによって行われているかを調査させていただきたいと思います。ダンスセラピスト、そしてダンスセラピーに興味をお持ちの方々に、ぜひご回答いただけますよう、お願いいたします。
参加していただける方は、 https://www.surveymonkey.com/s/dmtinjapan
より、オンラインアンケートにお答えください。このアンケートの結果に興味のある方は、akikokajidmt@gmail.comにご連絡ください。結果がまとまり次第、ご連絡させていただきます。たくさんの方の回答をお待ちしています。

川岸 恵子 (大阪府立急性期総合医療センター精神科)
梶 明子(California School of Professional Psychology)

コメントは受け付けていません。